多読・多聴最強ガイド

発売日:2008年3月 7日

多読・多聴最強ガイド

はじめたばかりの人も、そうでない人も、話題、素材ともに充実の1冊。

オーディオCD1時間20分、MP3データ10時間40分。合計で英語音声12時間以上収録。
その他、英語ネイティブ児童書、グレーデッド・リーダーズの読み物も充実。

音源や読み物にダブりがない、第2弾『多読・多聴・シャドーイング最速ガイド』もあわせてご覧ください。

本の内容

本の内容は、ウェブサイトからのお知らせ『新しい多読・多聴のムックができました!(2008/3/7)』より転載しています。

●酒井邦秀インタビュー
多読、多聴について、今回もじっくり時間をかけてお話ししました。

●実践者インタビュー(3名)
それぞれのスタイルで多読・多聴を楽しんでいる様子がとてもよく分かります。
この他にも多読・多聴アンケートからのインタビューや、実際に初めて多読・多聴に挑戦した方のチャレンジダイアリーなどなど、体験談満載です。

●英語ネイティブ向け児童書って、こんなに面白い!
Longman Literacy Land、Oxford Reading Treeから1作品ずつ掲載しています。
それぞれ酒井のコメントがついています。みんなで楽しみましょう。

●読んでみよう!聞いてみよう!グレーデッド・リーダーズ
Penguin Readers、Oxford Bookwormsから2作品ずつ、Macmillan Readersから1作品掲載されています。(部分掲載あり)

●まだまだあるゾ!手軽に楽しめる多聴素材
上記掲載分の朗読音声以外にも、多くの作品が収録されています。
なんといってもビックリなのが、Oxford Bookwormsからの提供素材は全文収録されていることです。他にもPenguin Readersからは古典作品もありますし、Macmillanのさまざまなジャンルが揃ったノンフィクション素材も見逃せません。(音源素材の詳細は目次の右側をみてくださいね)

目次

目次

(文:管理人@tadoku.org)