2007年2月19日

「脳内シャドーイングは楽しい」と、みかんさん!

「シャドーイングは体力勝負か?」という話題に、
大分スタバ会のみかんさんがさっそく返事をくださいました。

(大分スタバ会は九州に住むSSSの掲示板仲間がはじめたオフ会です。大分は全国でも一、二を争う多読の特異点で、「ペギー双葉山」さんと「MOMA親爺」さんが大分駅前のスターバックスで会ってぼそぼそと多読談義をしたのがはじまりとか・・・ その後スターバックスでペーパーバックを読んで泣こう、という「スタホロ会」なるものまで提唱されました。)

酒井先生、こんばんは?。みかん@スタバ会です。 シャドーイングの話題で、脳内シャドーイングがでてきたのでメールします。口がついていかないので昨年9月から始めた多聴は脳内シャドーイングしてます。つかれませんよ?。

読むときは、文章から絵を作っていくんですが、聴くときに同じように絵を作ろうとすると、意味のかたまりで区切って聴いてしまいます。その結果、雑念がいろいろ入ってくるので、聞こえた音をそのまま脳内で追っていくことにしました。切れ間なくやって来る音に集中すると作ろうとしなくても絵ができてきます。まだまだ、たくさん、次々に音がやってくると思うと嬉しくてワクワクします。なので、口が回らなければ脳内シャドーイングもよいのでは?と思います。

あまりお役にたたないとは思いますが、脳内シャドーイングは楽しいですと伝えたく、メールしました。


驚きましたね! 口から出まかせのように飛び出したアイデアでしたが、もうやっていて、楽しんでいる方がいらっしゃった! これがインターネットのすごさですね。この風通しの良さを利用して、なんとかこども式の道をつけたいものです。

それにしてもぴーママさんの感想にも似て、聞こえてくる音に集中して脳内シャドーイングをしていると作ろうとしなくても絵ができる! そして極めつけ!

まだまだ、たくさん、次々に音がやってくると思うと嬉しくてワクワクします。

わー、どういう「境地」(とはおおげさですが)なんでしょう?
ぴーママさんのときもそうでしたが、わたしはひたすらうらやましい・・・

みなさんも試してみてください。そして、様子を知らせてください!