2007年2月25日

二つのリクエスト

「ゆき」さんという方から二つのリクエストをメールでいただきました。
その二つが、わたしがすぐにも投稿しようとしていたことなので、びっくり!

予告を兼ねて、ご紹介します。

酒井先生、こんにちは。 私は英語が好きで、英文科を出て、少しの留学も経験をしました。しかし、やはり映画をそのまま理解したり、難しい英語の本を読むなどはできず、ネイティブとの会話でも言いたいことがそれほど言えるわけでもありません。TOEICなども650程度でしょうか。 常々、英語が思い通りに使えるようになったらいいのに、と思うのですが、勉強があまり好きではないので努力が続かないのです・・・。

先生の多読の話を聞いて、今、本を少しずつ読んでいるところです。本を読むことは好きなので、これなら頑張れるかなと思っています。
ただ、シャドーイングに関しては難しいものがあります。
朗読CDなどがあまり面白いと感じず、続かなかったのですが、映画のDVDなら楽しくできると気づき、DVDを見ながら繰り返しています。その際、私は英語の字幕を出して、見ながらやっていました。
しかし最近、先生のシャドーイングの話を読むと、字に頼らないほうが良いのかとも思い始めました。字がないと不安を感じますし、セリフを最後まで口に出せない気もするのですが、どうなのでしょうか?
そしてもうひとつ、「もごもご」というのがどういうものなのかわかりません。自分に合ったレベルというものの判断がとても難しいですね。
最後に、何か、シャドーイングにお勧めの映画があったら教えていただけるととても励みになります。
よろしくお願いします。


このメールへのわたしの返事です。

ゆきさん、メールをありがとうございました。

英文科を出たのに思うように英語が使えない人はたーくさん、います。
(英文科を出たから使えないのでは?と思うくらい!)

「もごもご」については近いうちにウェブサイトで見本の音声を聞けるようにしようと考えています。もう少しお待ち下さい。

また、おすすめの映画についても、実は紹介しようと考えていたところです。

どちらもわたしが考えていたことをそのままリクエストしてくださったので、
びっくりしています。

また、メールをください。それでは、Happy reading!