2007年3月 2日

多読学会退会について・・・返信をいただきました!

さっそく返信してくださった方がいます。
ありがとー・・・

こんばんは、酒井先生。

多読学会退会の記事の読みました。お疲れ様でしたm(_ _)m

受験対策として最初から文法を教える事はマイナスではと思います!何万語かわかりませんがある程度多読を実践し、その後に文法問題集などを解き、間違った部分を文法参考書などで確認する方が”量”を”質”に変える多読には合っていると思います!

問題集も参考書も所詮受験対策です。全く受験参考書・問題集を使わないで受験対策できると思いませんが、初手から文法を教える事は逆効果ではないかと思います!


その通りですね。
わたしも受験指導には「過去問」を使います。
それで去年は甥がうまくいったわけで・・・
けれども「初手から」決まりを意識させるなんてねえ・・・
わたしも逆効果ではないかと思っておるわけですね。
ところがこれは大方の人は信じがたいらしい・・・
去年も甥の成功はちょっとだけやった学校英語の成果ではないかという意見が出ました。

「大方」がそう考えるのは無理ないです。この仕事の大きさをあらためて知らされた気がしますね。

すこしずつ、じわじわと、がんばります・・・