2007年4月16日

manybooks.net を ipodで利用、ほか ipod いろいろ!

インターネット上の無料「図書館」を利用する方法について、いろいろ情報が集まってきています。これがインターネットのすごいところですね。

で、こんどはPDA(電子手帳)ではなくて、iPodを利用する方法について、「じゅんじゅん」さんからメールです。

わたしは手順が三つ以上あるともう目がうろうろして訳がわからなくなるのですが、このメールにはなにしろおまけが4つもある! 無料の朗読もダウンロードできるらしい! どうか、しっかり読み取れる人は参考にしてください。

manybooks.net http://manybooks.net/ をipodで読んでみる。

○manybooks.net からダウンロード!
1、読みたい本を探す

例)
Heidi by Johanna Spyri - Free eBook
http://manybooks.net/titles/spyrijohetext98heidi11.html

2、右上にあるプルダウンから「ipod notes」を選択してダウンロード
3、圧縮(zip)ファイルになっているので解凍する
(中身は見たことのない形式のファイルだけど気にせずそのままにしておく)

○ipodの設定と、ファイルの転送(winXPの場合)
1、ipodをパソコンに繋ぎ、iTunesを起動する
2、ipodタブをひらき「ディスクとして利用する」にチェックをいれる
3、マイコンピュータをひらくと、リムーバルディスクとしてipodが認知されているので、それを開き「Notes」フォルダを探す
3、「Notes」フォルダ内にダウンロードしたファイルを全てコピーする
4、ipodの同期化が済んだら、ipodをiTunesから取り外し処理を行ってから取り外すこと。これで完了です。

○ipodから読んでみる
ipod → Extras → Notes でファイル一覧が表示されます。
あとは読みたいファイルをクリックするだけ。
(日本語設定だと「ipod → エクストラ → メモ」になるようです)
※わたしは言語設定を「English」にしているので文字化けしませんでしたが、もし文字化けした場合は言語設定を「English」に変更してみてください。

○ページをめくる
「pevious」リンク(青いアンダーライン付き)
「next」リンク(青いアンダーライン付き)
それぞれ画面に表示されているときに、ホイールの真ん中をクリックするとページが変わるようです。(たぶん)
※この辺りは実際に表示した状態で試してみてください。

○おまけ・その1
manybooks.net で探した本の詳細ページに「audio book」リンクがある場合は、朗読をダウンロードすることもできます。このファイルはiTunesに対応したファイルになっており、本タイトル、作者名などの情報が組み込まれているので管理しやすいです。

○おまけ・その2
音声ファイルは再生位置を記憶する機能をつけることができます。
やり方は、iTunes上で対象ファイルのプロパティにあるオプションタブをクリックし「再生位置を記憶する」にチェックをいれれば完了です。

○おまけ・その3
さっそくHeidiの本、audio book ともにダウンロードしました。
思ったより文字サイズが小さい。聴くときのお助けで文字を見るくらいならよさそうだけど、読むだけにはちょっと小さいかも?どうでしょう?(写真参照)
※ipod では聴きながら、Notes(メモ)を見ることができます。
manybooks.netをipodで利用

文字サイズなどをお好みに変更したい場合は、やはり「まつかわ1971」さんご紹介のビューアソフトを使うのがよいかと思います。

T-Time http://www.voyager.co.jp/T-Time/index.html

○おまけ・その4
ipod で「Notes(メモ)」を表示させるには「1ファイル/4KB以内」という制限があります。何か持ち歩きたいものがあっても、この制限にあうよう分割する作業は面倒ですよね。そんなときに便利なのが以下のサイトです。

iPod Notes Packager http://www.ipod-notes.com/

ここのサイトではテキストファイルをiPodにいれるための変換プログラムをウェブ上で提供しています。なんとウェブページも変換してくれます。
変換させたいローカルテキストファイルや、ウェブページのURLを指定するだけで一発変換なのでラクチンです。