2007年5月26日

多読関係のニュースをみつけました(福井県発)

こんなニュースをみつけました。ご紹介します。

勝山高、新たに指定 文科省英語重点校 4月11日午前10時16分  文部科学省は10日までに、理数教育を重点的に行う2007七年度の「スーパーサイエンスハイスクール」に31校、英語教育を重点化する「スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール」に勝山高など16校を新たに指定した。

 理数重点校の内訳は国立2校、公立25校、私立4校。大学や研究機関との連携を重視し、英語の科学論文の読解力育成を目指す大阪の府立高校などが含まれる。

 英語重点校は公立14校、私立2校。勝山高は、国際社会に通用する生徒の育成が目標。多くの高校が文法を中心とした英語指導を進める中、同校は2004年度から、1年次は中学レベルの英文のリスニングと、小説や科学読み物の多読を中心に授業を展開。この成果を基に2、3年次に作文に取り組み、英語独特の書き方のスタイルを習得し、自分の意見を表現する能力を高めている。
--
福井新聞 - 福井のニュース
http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news2/article.php?storyid=529

このニュースを見ただけなので詳細は分からないのですが、最近は、このようにさらっと「多読」という言葉が使われるようになったんですね。