2007年6月 8日

インターネットで話す、書く

「おみなえし」さんから次のようなお知らせが舞い込んだのは・・・
もう半年以上前ですね。いまも有効なのだろうか、このサイトは?

おみなえしさんは「多読で培ったスキルをどんどん出すいいチャンス」と
書いています。

「のんた」さんもSkypeを使って、合衆国の同年代の「おばさん」と1週間に1回
ビデオ電話を楽しんでいるとか。

多読が実に広範な活動への広がっていることが
よくわかります。

おみなえしです。お元気ですか?

先日の交流会については、メールをいただきありがとうございました。
先生のサイトにも掲示板が加わり、楽しくなってきましたね。

ところで、以前福島のXXXさんと一緒にスカイプでお話をしましたが
そのときに、WannaTalkという(ミクシィみたいなものかな?すいませんミクシィは
入ってないのでわかりませんが)language exchangingを目的にした
コミュニティを教えてもらいました。スカイプ利用が前提のようになっていますが
スカイプが使えなくても十分楽しめます。

お国柄もいろいろですが、半分以上は日本人のようです。
ホント、日本人は英語に悩まされてますね?。
欧米の方々よりかはいろんな国から参加されています。
普段は、日記を書いたり、誰かの日記にコメントをつけたりしながら
友達を増やしていったり、メッセージ交換をしたりします。
アメリカのある大学の日本語学科は、日本語で話せる人を募集して
学生さんたちと話すチャンスを作ったりしています。スカイプを使ってです。

ただし、コニュニティの安全性には少し不安があります。
アドミニがメッセージを読めたり、スパムメールが出回ったりしたことが
あったそうです。この点は個人の判断におまかせするしかありませんね。

私個人としては多読で培ったスキルをどんどん出すいいチャンスだと思い
できるだけ日記を書いていますが、書けばかくほど、多読の必要性を
ひしひしと感じます。
今は、多読よりも日記を書いたりするほうが時間をたくさん取られているのですが、
語学に関心がある人たちのコミュニティにいることはなかなか刺激的です。

よかったら、こちらのメールのほうへインビテーションを送りますが。
これからの先生の参考になれば幸いです。

おみなえし


のんたさん、報告をお願いできないだろうか?
いそがしいかな?