2007年12月31日

じぷたさんの「シャドーイング読み」

このじぷたさんの「今年の総決算」を読むと、わたしたちはまだ多読についても多聴や
シャドーイングについても、何もわかっていないんだということを再確認できます。

こんな「変わった」もとへ「独特な」人もいるのですねえ・・・
こういう風に、一人一人がそれぞれに合ったやり方を見つけていく??
そしてそれは多読・多聴を言い出したわたしが予想もしなかった道・・・
実に気分のよい、うれしいことです!

酒井先生、こんばんは。ごぶさたしています、じぷたです。 今年一年の総決算を報告します。 <多読> 1月 56,800語(6冊)  2月 64,017語(8冊)  4月 32,900(4冊)  <シャドーイング>   1月    Skipping Christmas 1,2   2月    Skipping Christmas 1,2   3月前半 Skipping Christmas 3,4   3月後半 Skipping Christmas 4,5   4月前半 Skipping Christmas 6,7   4月後半 Pirates Past Noon 1?3   5月    Pirates Past Noon 4?6   6月前半 Pirates Past Noon 7,8   6月後半 Pirates Past Noon 9,10   7月前半 Skipping Christmas 8,9   7月後半 Skipping Christmas 10,11   8月    Skipping Christmas 12,13   9月前半 Skipping Christmas 14,15   9月後半 Skipping Christmas 16,17   10月前半 Skipping Christmas 18,19   10月後半 Skipping Christmas 20,21   11月前半 Skipping Christmas 22,23   11月後半 Skipping Christmas 23,24   12月前半 Skipping Chritsmas 25,26   12月後半 Skipping Christmas 27,28 上記を見てもらえばわかるように、今年はシャドーイング一色でした。(笑) しかもSkipping Christmasのみ。 確か、酒井先生に「一度もう少しゆっくりのスピードのやってみて カタカナ英語にならないか試してみて?」と言われてMagic Tree Houseの4を 2カ月ほどシャドーイングしたんだと思います。 酒井先生の手元にある私のノートにその部分は詳しく書いてあると思います。(笑) なぜ、シャドーイングだけになってしまったのか? 事の発端は、Skipping Christmasのシャドーイングを始めたことです。 今までは、多読し終わった本のシャドーイングをしていましたが、 Skipping Christmasは、シャドーイングの方が先でした。 最初は、内容が全然わからなくてシャドーイングしていたのですが、 だんだん続けていくうちに、なんとなく話のおおまかなあらすじがわかってきました。 そしてどんどんと進んでいく内にどうしても読みたくなって本を買って読み始めました。 ところが、本を読み始めたのですが、なぜか全然おもしろくない。 なぜかわからないけれども・・・・・。で結局読むのを止めました。 私は、多読→シャドーイング→多読はできるけれども、 シャドーイング→多読はできないみたいです。 私にとっては、シャドーイングをしながら少しずつぼんやりと状況が 浮かんできたところでちょうど2週間たち、次の章にシャドーイングに進む。 はっきりとクリアにわかるのはいやみたいです。 ほわ?んとなんとなくぼんやりとが心地いいみたいです。 ちょうどぬるま湯的な状態が一番いいのかも? たぶん根本には、「全部わからなくていいんだもん!!」と思っているから。 私のいいかげんさとめんどくさがりが思う存分発揮できるからだと思います。(笑) なぜそう断言できるかというと、リスニングは全然受け付けなかったからです。 試しにリスニングをしてみたのですが、全然だめでした。 リスニングにすると真剣に聞いてしまって、日本語にものの見事に訳していました。 そこで気づきました。私は多読の時も頭の中で音読をしているように思います。 とりあえず、このまま最後までシャドーイングでSkipping Christmasを読破(?!)しようと 思います。今現在、70%シャドーイング読み(?)が終わりました。 で、つい最近ふと疑問に思ったことが・・・・・ 毎日約12日ほど続けて同じ所を12,3分シャドーイングしているってことは 同じ所を何回も読んでいるということになりますよね。 確か、同じ所や文章を何回も読んでわかるのは、自分のレベルに合ってない レベルが高いので、もう少し下のレベルのを読みましょうと言われてましたよね。 では私みたいにシャドーイングしながら多読をしている シャドーイング読み(勝手に命名しました)はこのままでいいのでしょうか? 酒井先生はどう思われますか? 今年も残すところ、あと2日です。 では、よいお正月をお迎えください。
どう思われますか?といわれても・・・ 予想しなかった展開なので、なんとも言い様がありません! だから、じぷたさん、しばらくそのまま続けてくださいな。 そして、その様子をまた知らせてください。

あ、それから、お預かりしている記録ノート、2月9日の神戸国際大学での講演のときにお返ししたいと思います。ご都合はいかがでしょう?

では、まもなく除夜の鐘??ブログを書きながら、掲示板にお返事しながら聞くのがこれからの習慣になりそうです。来年もどうぞ、よろしくお願いします。

みなみなさま、Happy reading! そして、Happy New Year!