2008年2月 3日

キリン読みはキケン読み? 「忠犬大吉」さんから 

「忠犬大吉」さんも学校英語に傷ついた方ではないかと、思っています。
(ちがっていたら、ごめんなさい!)

「キリン読み」は「キケン読み」? の記事ににうなずきながら、ずっと続けていて、
音も楽しんでいらっしゃるとメールが届きました。うれしいです!

なお、キリン読みは、タイミング良く利用すると大ブレーク・スルーになることがあります。キケンを納得した上で用法用量を守って、安全にお使いください。

こんにちわ

キリン読みはキケン読み? ま、そうでもないけど・・・
の記事を見ておもわずメールです

思い当たることがいっぱいです
仕事が忙しくてブッククラブに行く時間がなかったせいもあったけれど、
傷ついていたのかも・・・・
と思っています


どうなんでしょうね、忠犬大吉さんのように、「ああ、あれはキリン読みで読み疲れたのかな、と振り返ることそのものが、疲れ治しになるのでしょうかね?
最近、行きつけの本屋で大人買いした絵本たちに囲まれて、
幸せ気分に浸っています
語数は増えないけれどね
語数を知りたくてISBNを入れて検索すると自分の読書記録ブログが出てくるので可笑しくなるけれどね
だれか、この本の読み聞かせをしてくれないかしら?と思います
読書ママが欲しいでーす

ああ、そうです! おとなもやっぱり読み聞かせしてほしいですよね?
それから、
多聴多読マガジン6のCDは多聴素材として活用しています
通勤中に、本を読んだり新聞を読んだりしながら聞いています。

各種の音源を聞き流し、いろいろなものが脱落していったけれど、
絵本は朝の時間の気分に合わない・・・
勉強音源はつまらない・・・
ラジオニュースは難しすぎて凹むなど

難易度、ジャンルがいろいろなので、聞き続けていても飽きません
少しずつ聞き取れる部分が増えているのが嬉しくもあります

ではまたー


おー、あのCDにはそういうよいところもあるのですね!
覚えておきます!!

ではまたー!!!