2008年4月25日

この先もあるのだろうか?

「まつかわ1971」さんから驚きのメールです。

いや、それよりまず・・・ 再就職おめでとー!

では、じっくり驚いてください。
こんなこともできるのですねえ・・・
なんだか地平線がひろがりますね・・・

******************************

酒井先生、いかがおすごしでしょうか。
ぼくは再就職先が決まり、5月から現役復帰です。残念ながら英語はまったく関係ないです。前に先生に、もう英語とのおつきあいはおしまいになちゃいそうだなんてひどいことを言っていましたが、ぼく、すっかり忘れてましたよ。いつも講演会で多読体験者の感想を話すコーナーで発言させてもらうとき、「仕事や育児、介護、自分自身の体調の変化なんかで、いつか今と同じようには英語にかかわれなくなる日が誰でも必ず訪れる。そんなときに、他の勉強法で「中学の教科書を6000回音読しました」とか「単語を何万語覚えました」って実績の記録だけを残しておしまいでホントに満足出来るかな?たとえ、ただの絵本ややさしく書き直した薄っぺらいGRでも、読んで楽しんで泣いた記憶は実績の記録じゃなくて、かけがえのない思い出だし、一生暗記を続けるのと、一生わけわかんないながらも英語と楽しんでかかわっていけるのとどっちがいい?」って偉そうに言ってたのは、ぼくだったんですよね。

「一生暗記続けますか? 一生楽しみますか?」って・・・
すごい迫力の売り文句ですね。
先生、ぼくは今、こども式の集まりとかにはあまり積極的に参加していませんが、それでも、英語とはずっと仲良くやっていけそうです。
実は、アメリカでDJデビューしました。
って言ってもおおげさな話ではなく、アメリカのインディペンデント系の音楽サイトのポッドキャストをひとつやっているだけです。

どこがおおげさな話ではないのでしょう? 
これだけで十分「おおげさな話」だとおもー。
だってねえ、世界中にまつかわ1971さんのDJが流れるんでしょ?
ここ数回は、自分の声でイントロのMCをしたりもしてます。20回の配信で6000アクセス程度なので、そんなに人気番組ってわけでもありませんが、アーティストとメールでやりとりしたり、ネットでのプロモートのアドバイスとかまでして、趣味の英語としては、これ以上ない!ってくらい充実しています。

ほらほら、充実しきっているんだから、これ以上ない「大げさな話」だと思う。
みなさん、「ほぉーっ!」って感嘆すると思うな。
もちろん、収益はまったくないのですが。仕事が始まってからも休みの日とかには更新を続けていきたいと思ってます。音楽ビジネスの世界ではメジャーなミュージシャンではないかもしれませんが、ホントにいい曲に毎日出合えて、品定めをしてプレイリストを作るのは、とっても刺激的です。
まあ、日本人英語なんですけど、とりあえず、意味は通じているみたいですよ。

それでいいようですよ。近々その話を書きます。
多読的おしゃべり会に触発されて、少なくともこれから半年の
トピックは決まったと思うのです。授業のテーマもそれでいくことにした!
という大きなテーマが多読的おしゃべり会以来、見つかったのです!
お時間があったら、アクセスしてみてください。で、もしお気に入りのバンドが見つかったら、応援してあげてください。
http://www.garageband.com/user/oldzooey/podcast/main
ここにアクセスすると試聴できたり、音楽がダウンロードできたりします。ポッドキャストの定期購読(無料)もできます。

聞きましたよ!
学校英語とはまったく違いますね。
どこでこういう「英語らしさ」を身につけたのでしょう?
これなら、多少ゆっくりかなと思いながら、世界中の人が
耳を傾けてくれると思うな。むしろ選曲とか、コメントの
おもしろさ、ユニークさが鍵になるのではないでしょうか、
DJのことはよくわかりませんが。とにかく、英語は
問題ないでしょうね!
いちばんいいのは、ゆっくりだけれど、リズムやイントネーションが英語らしい!
これならほとんどストレスなく聞けますよ。たいしたもんだ!
みなさんもぜひ聞いてみてください。

追伸 まつかわ1971さんに、ひとつだけ注文!
Introの後ろに聞こえる音楽が大きすぎるのではないでしょうか?
もっと小さくすれば、まつかわ1971さんの英語がもっとはっきり
聞こえると思う。

そして、はじめのうちはIntroの語りはなくて、
1、2行のコメントを書いていただけなんだね。
ところがこのコメントがうまい!
みなさん、ぜひぜひ全部読んでくださいな。
短いしそんなにたくさんはないけれど、実にまつかわ1971さんらしい!

よいなあ・・・! 
多読からこんなところまで行った人が出た・・・
またしても感慨無量です・・・

こども式でほんとによかったな、と思っています。多分今の状態だったら、英語はそれっきりで縁遠くなってしまっていたはずですから。 さすがに、本はあまり買わないようになりました。多読で自己破産はせずにすみそうです。ただ、最近やたらと自宅録音の機材が増えています。先日パソコンとギターやマイクを接続するためのアンプを買ったんですが、今日は、イントロのBGM制作のために小型のシンセサイザーを買っちゃいました。カードの引き落としが再来月の上旬で、最初の給与の支給が再来月の月末です。多分多読だったら、これだけで15エリエール以上あると思うんですよね・・・。
多読は続けるとどんどん経費が安くなるなんて書いたのは (『快読100万語』)うそっぱちでしたね。 それにしても、多読からアンプやシンセサイザーにつながるとは! これはもう多読貧乏を越えているのでは?

で、まつかわ1971さんには、アーティストとのメールのやりとりなんかも
知らせてほしいけれど、
まずはしばらく続けてくださいな。

日本にはほかにいないでしょ、英語でDJを流している人なんて?
いやー・・・ えらいことになったもんだ・・・

((((((英語教師冥利に尽きます、ありがと、まつかわ1971さん!)))))