2008年5月13日

多読の常識をくつがえす志学塾

沖縄は那覇の志学塾を訪ねてはや10日。いまもその衝撃の余波が続いています。
きょうも志学塾の卒業生が3人、一般多読クラスに来てくれました。
クラスが終わってから「ちひろ」というラーメン屋さんに行って、
わたしは根掘り葉掘り、志学塾のやり方を聞き出しました。

その結果と、那覇で聞いたことを総合すると・・・

多読はお金がかかると書いた舌の根も乾かぬうちに、こういうのもなんですが、
多読授業に、お金もほとんどかからない、しかも最大の効果を挙げる方法がある?!

***************************
とんでもない話です!

志学塾の蔵書は1000冊に満たないのではないか?
授業中に一人一人から話を聞いてきめ細やかな指導をしていない!

にもかかわらず、こどもたちの読書量はどんな大学高専、中高よりも多い!

それに、なによりも生徒たちが楽しく読んでいる、目を輝かせている!
わたしは(妥協的ですが)1週おきにOさんを真似て、授業中何もしないことにしました。

わたしの新しい方法の様子はこれからも報告します。そして、
志学塾のくわしい調査はこれから何度も志学塾を訪ねて、少しずつ報告します。

お楽しみに!