2008年5月16日

!18禁! ちょっとした、でもわたしには痛烈な、メモ・・・ 続き×3

続いて「ぴ~ママ」さんから・・・

薀蓄なんて10年早い、文法力0のぴ~ママですが、ブログの痛烈なメモを読んで、ある思い出がふと蘇ってきたので、メールフォームをクリックしてしまいました。

それは、まだ多読ともシャドーイングとも縁がなかった7?8年前の話です。
それはアメリカ旅行中に起きました。
当時の私は海外旅行の楽しみといえはショッピング!!
この日も目ぼしい物を探して、ショッピングモールをうろうろしていたのです。
するととあるお店の入り口に私好みのブラウスが目に付くようにかけてあったのです。
値札を見ると超安値!!絶対買いたいと思ったのですが、店内にももっと良いのがあるかも・・・と、そこを素通りして中へ。
結局中には良い物がなく、もう一度入り口に戻ってさっきのを買おうと思ったら無い!!
私がうろうろしている内に誰かに買われてしまったのです。

店員をつかまえて、「これと同じのは他にないのか?」と聞いたら
「as is だから」
と言われてしまったのです。
そういえば、大きく「as is」と書いた紙が張り付いてました。


asがなんだか・・・辞書をひいたって解りません!
接続詞とか前置詞とか副詞とか言う以前に、私の中に、超安値の半端傷あり一品物を買いそびれてしまったという悔しい思い出と共にasという2文字が頭の中に今でも残っています。

どぉも(^^ゞ
くだらない話ですみませんでした。


いいえ、くだらなくないですよ!

その通りです。
as がなんだか・・・辞書をひいいたってわかりません!

いつかまたどこかの売り場で、あるいは物語の中で as is に出会うでしょう。
そうすると最初の as is とどうも違うと思うでしょうね。
そういう「場面と言葉の組み合わせ」をいくつも体験(疑似体験でもいいです)
すると、as is をどういう場面で使われるかわかってきます。
そしてそういう場面でぴ~ママさん自身が as is を使えて、相手と話が通じる。
それが言葉がわかるということでしょうね。
きっと最初の印象は少々修正されるのではないかな? 
びっくりしますよ。楽しみですね!

日曜日、ゆっくり色々なお話が出来るのを楽しみにしています。

はい、第1回湘南オフ、楽しみです!