2008年6月 6日

珠玉の絵本

多読をはじめたらいつの間にか絵本から抜け出せなくなった、
ペーパーバックを読みたかったのに児童書がおもしろくて
なかなかペーパーバックに手が回らない・・・

こういう人はたーくさんいますが、そういう人の一人が「Kaako」さん。
ブログでもオフ会でもきれいなおべべで一際目立っていますが、
Kaakoさんのお気に入りの Lisbeth Zwerger はわたしもひじょーに好き、
というか、もういつまでみていても見飽きることがない。
Kaakoさんも書いていますが、だれでも知っているお話に新しい命を吹き込める人だと思います。

Kaakoさんの記事はここ ↓

http://plaza.rakuten.co.jp/haruko555okimono/diary/200805280000/

実はツヴェルガーさんの The Selfish Giant を見て、わたしはあの話の意味がやっとわかったと思いましたね。考えてみれば当たり前のことなのだけれど・・・

これからもツヴェルガーさんのことはときどき書きたいと思っています。

(おー、なんと「本棚」らしい話!)