2008年8月21日

KLプロジェクトについて 「ゆきんこ」さんからメール!

「「tofu」さんの聞き読みについて tofuさんからメール!」の中で「KLプロジェクトは潰えた」と書いたら、ゆきんこさんがあらたな構想を提案してくれました。

*******************************

ゆきんこです。シャドーイングについてKLの夢は潰えたと先生は書かれていましたけれど・・・速度とYLだけでなく、まったり(しっとり)とちゃかちゃか(おふざけ)というので分けられないかと思っています。
とんでもない尺度を言い出すもんだなあ・・・ (あきれました)
まだ回りの人のご意見を伺っていかなくてはなりませんが、一人一人の紆余曲折をじっくり追うことが必要なようです。成功例も失敗も。その例の中から、自分に合うものを選んでいくのが失敗がなくなるかと。
そう! 一人一人の紆余曲折なんですよね、KLのむずかしいところは。いや、実はYL(読みやすさレベル)だって、本当はおなじ問題を抱えているはず。
もう少し練って、9月のイバ大でも話し合えたらと思います。ではまた〜
茨城大学の岡山さんと上田さんは文部科学省から「科学研究費補助金」という特別予算をもらっています。そのプロジェクトの一環で、多読/多聴/シャドーイングについての研修会があります。なんと合宿です! そこでじっくり話しましょうというわけです。楽しみなのです、これが!!