2008年9月24日

あなたの立っているところは・・・

・・・危険ですよ、って注意されてもねえ・・・

わたしが汗水垂らして新しい本の支度をしている間に、みなさんあちこちにお出かけになって、夏休みを堪能なさったようです。

「アトム」さんは北海道に出かけた。そして、妙な看板を見た・・・

*******************************

で、写真の画像が悪くて見えないと思いますが、 立て札には

ヒグマ目撃情報  受付中

と書かれています。
残念ながらお役にはたてませんでした。


お役に立てなくて、よかったねえ、アトムさん!

これと似たような話を思い出したのですよ、熊つながりで。

大学院生のときに、同級生の実家に泊まりに行きました。山梨県上野原。早春でね、ワラビ採りだったんだけど、わたしは一本も採れず・・・ ま同級生もずっと東京で大学生と大学院生をしていたから、採れなかったんだけどね。

それで、やまのだいぶ上まで登って、マムシと格闘なんかもわたしは遠巻きに見たりして、さて帰ろうってんで、尾根みたいなところを調子よくずんずんずんと下っていったら、下の方から突然たくさんの犬が現れて、すれ違いに尾根を登っていきました。

一体どういうこと?って、わたしらが呆然と立ちつくしていると、あとから今度は鉄砲担いだ男の人たちが5,6人下から登ってきて、わたしたちに「こども連れの熊はみなかったか?」と訪ねたのでした・・・

アトムさんの記事はここ ↓

http://abooks.exblog.jp/

アトムさんの記事は目のつけどころがおかしくて、文章がなめらかで、ふざけてるんだけど、そうだなって思わせて、なんといっても語り口が実によいのです。

村ができたらアトム節を堪能できる場所を提供して、みなさんにも味わっていただこうと企てております。