2008年10月 2日

韓国からの留学生が英語多読!

わたしの「快読100万語! ペーパーバックへの道」は韓国語に翻訳されていますが、
この留学生は日本の大学に留学中に英語多読にはまった!

外国の人の英語多読の報告ははじめてでしょう?

*******************************

この人は韓国のJさん。日本の大学に国費留学していたときに「今日から読みます英語100万語」を読んで、それから帰国して兵役についていた2年間に多読にはまった!

・多読との出会い
兵役中、時間が余っていたので英語を勉強しようと思った。
最も効率よい勉強法で学習したかったので、
世の中に存在する英語学習法に関する本を5冊くらい購入し、
また短期間に成果を上げた人からアドバイスをもらったが、
その5冊の中に含まれていたのが
『いっぱい読めばしっかり身につく 今日から読みます 英語100万語!』であった。
多読のやり方を知り、直感的に『これはいけそうだ』と思ったのと、
『とにかく読みまくれば言語は取得できる』といった持論をもった4ヶ国語をしゃべれる友人がいたため、
自分もやってみようと思った。

「今日から読みます」はよい本です! 何がいいといって、SSSの掲示板からたくさんの投稿を引用しているところがすごい! すばらしい!!
わたし個人は世界にまれな良書と思っています。
・どうやって始めたか
一人ででもやる気だったが、本を分けて購入するといいと思ったので、
周囲の仲間達にも紹介した。
『めざせ100万語! 読書記録手帳』からお勧めの本を中心に
私がまずYL0とYL1、YL2の本をそれぞれ10冊以上購入した。
(韓国では一冊400円程度と、日本より安い。私はそれぞれのレベルに対して約5000円ずつ使った)

すると周囲の軍仲間達も興味をしめし、本を借りて読むようになった。
英語が苦手でも洋書が読めたといった達成感を得ることが出来たのが嬉しかったらしく、
多読クラブ?に加入したいと言ってきたので
私は5000円分の洋書を購入してくれれば誰でもシェアできるようにした。
本は私が指定し、すぐにYL0〜8までの本がそろった。(9と10は少し難しかったので、初めは購入しなかった)
加入メンバーが15人程度いたので、
その後は同じレベルのものを増やしたり、
被らない範囲でそれぞれ自分らが読みたい本を買うようにした。

多読はよいと思ったという判断、そして仲間を組織した行動力、さらにその後の運営の仕方もよかったようですね。
・読んだペース
人によって全く異なるが、私を含めた5人ほどの中心メンバーは
毎日2時間をかけて20000単語を読むのを目的に進めていった。
私は4ヶ月で200万単語を突破し、paper backの本を普通に読めるようになったので、
それ以降は特に単語数を数えずに時間があるときに読むようにしている。
そのほかにも中心メンバーは100万単語を突破したが、
その他10名は挫折する人も多かったように思う。
また、私達はそれら本を部隊に寄贈したので、
今でも後輩達が読んでいると聞く。

すばらしい成功率ですね。兵役の時間を有効活用した?
・本の購入方法
外出が自由でなかったため、amazonのようなネット書店から注文することが多かった。
また、休暇で外出した帰りに買ってくる人もいた。
多読の本には色々なシリーズの本が紹介してあったが、
韓国ではOxford Bookworms とPenguin Reader Seriesが手に入りやすかったので、
これらを中心にYL6まで買い集め、
それ以降のpaper backはインターネット上にあるSSSのホームページから
評価が高いものや好みの作家の本を購入した。

みなさんの書評が海外でも役に立った!
・英語がどんな風に上達したか
よく考えてみると、日本語や韓国語でも知らない単語は結構あるが、
本を理解するのに困らない。
英語の場合、なぜか一文一文をしっかり理解しようと構えてしまうが、
多読を進める過程で推測したり、分からなくても気にせずに本が読めるようになった。
また、重要な単語であればあるほど遭遇する頻度も高いため、
よく使われる単語から意味が分かるようになっていった。

なんともいえませんね。

きょうは怒濤の書き込みで少々疲れてきました。目が頼りなくなってきた・・・

あしたはいよいよ「レールをはずれるために −さん−」を書きます。

おやすみグー・・・