2008年12月22日

聞き読みについて意見アリ! −− 反響その七

聞き読みは多読と多聴と多読的おしゃべりをつなぐ最初の段階の「ホープ」です、いまのところ。したがって、みなさんからの意見は大歓迎! 

これまでのところ聞き読みについてのわたしの評価はどんどん変化していて、、

  最初は 「聞き読みはよい!」  (単純すぎました・・・)
  次に  「聞き読みは初心者によいけれど、多読に慣れた人には脳内音読と
       朗読のペースがちがって楽しめない」(「じぷた」さん)
  そして最新の評価は
      「多読に慣れた人でも聞き読みを楽しめる場合があるらしい!」
      (「ひまわり」さん)

と日々変化しております。

で、「ひまわり」さんの感想を補強する感想がこれまた「初心者では絶対にない」
「みぃみぃ」さんから・・・

*******************************

今日、生まれて初めて聴き読みを経験しました。
おお? このブログを見てくださったからか?
Scholastic ELT Readers Level2 のThe Devil Wears Pradaです。 以前から聴き読みに興味があったのですが、とにかくAudio CDって高価だし、オフ会で皆さんがCDを紹介してくださるのを見ているだけでしたが、CD付のGRならちょっとプラスするだけで買えるしと思って買ってみました。
話がすこし横へ逸れますが、各社から「本+CD」が安く(いや、比較的安く)提供されるようになって、ますます「をさなごのやうに」は多読から「多読・多聴・シャドーイング」へと活動の場を広げやすくなりました!
感想は、読み聞かせをしてもらっているみたいでよかったです。 ところどころCDより目が先に行ってしまって迷子になりそうでしたが、私は無意識の内に目が滑って読み飛ばしてしまう傾向(癖?)があるという自覚があって、特にミステリや登場人物の多い小説を読んでいる時に「これ何だっけ?」とか「この人誰だっけ?」ってなることが多いのですが、聞き読みだとそれがないので理解度が上がった気がします。

今度は大人向けのPBでも挑戦してみようかな。


ほー! そうですか、やっぱり目が先を読んでしまうことがあったのですね? 
わたしと同じだ。でも、近い度が上がる場合があると・・・

またちょっとだけ横道ですが、「杏樹」さんが書いているように、多読が進むと聞くだけでも十分楽しめるようになります。わたしが一番楽しんだのは Animal Farm と David Copperfield ではないかと思いますが、登場人物が非常に多くて、でも朗読する人がうまいと全登場人物を朗読し分けてくれるのです。David Copperfield の方は朗読した人の名前も覚えています。Martin Jarvis という俳優です。ほかにもたくさん朗読しているようですね。

<ここから先は引用不可ですよ〜>

↑ ここが文字化けしてよく読めないのですが・・・
実はこの間タドキスト大会でXXXさんと会った時にaudibleの話になって、これは便利だと思って買ってみようと思ったのですが、私の持っているクレジットカードがJCBで、audibleのサイトでは受け付けてくれませんでした(涙)
年内にVISAカードを作って、年末年始のお休みは是非ヤングアダルトや大人向けのPBに挑戦してみたいと思います。

audibe.com はわたしも会員です。楽しいです!

みぃみぃさんにも、audibleを教えてくれた掲示板のみなさんにも、大きな感謝!

みなさん、聞き読みするかどうかは音源を手に入れて、やってみて決めればいいことですからね、なにしろ Happy reading and listening!