2008年12月27日

聞き読みについて意見アリ! 反響その十六

「tsumugi」さんから、補足(?)のメールが来ました。

*******************************

こんばんわ 酒井せんせ〜

ブログ拝見しました。

サイトがおやすみになる前に、追加??します。

子どもの本が聞き読みで成功するわけは、
1) 読み聞かせは準備してみんなで決まった時間?というかまあその時間は楽しもうときちんと時間をとるから

2) 絵本なので途中でまた今度はなく、せいぜい20分くらいでお終いまで辿り着きます。(大抵寝る前なので、時間もCDが終わるまでときちんと決められるのもなかなか良い)

3) 先生のご指摘の部分
 読み上げの手間がないので、単に目で追っかけるだけでOK
 家の子ども達は耳から英語が聴けると言うか読むより耳の方が圧倒的に優先なので、かなり朗読スピード早くても理解できるのですが…私は耳は限界があるのでそのハンディも目があると補える
自分で読んであげるにはここはこう読んだら面白いとかそういう計算して読むので、絵まで楽しむにはちょっとペースが緩んじゃったり…読む方に頭使ってしまうのでしょう。

逆に大人の聞き読みが成功しないわけ
絵本の1と2の理由の逆です。
1)いちいちCDやらMP23プレヤーを準備しないといけない。
聞きながら読むという作業をする時間ときちんととらないといけないので、ちょっと家事の手が空いた隙間時間に5分ちらっとか移動中にちらっいう読み方が出来ない。

2)寝る前だと耳から音が入ると何故か眠くなるのが早い…。

3)CD10枚以上とか「まじめ」に継続しないと完結できない。
 →こうなるとお勉強臭がしちゃうしずぼらな私には無理…これが最大の理由だと思います…。

ではよいお年を。


tsumugiさんもよいお年を!

今年はこれで最後の記事のようです。今年もみなさんにとってもお世話になりました。つまり、さまざまな厄介をみなさんにかけました。そのせいか、わたしは今年も幸せでした。来年はすっかり新しくなった tadoku.org のサイトでお目にかかります。

来年がどんな年になるにせよ(?)、みなさん、良いお年を!

Happy, Happy New Year!!