ウェブサイトからのお知らせ

2007年10月12日: Wolf Hillの朗読を無料ダウンロード ― お便り紹介

みなさん、こんにちは。
Wolf Hillの朗読無料ダウンロードはお楽しみいただけたでしょうか?
さっそく掲示板やメールにて感想をいただいています。
今日は、そのいくつかを紹介します。

掲示板への感想は「ややこ式掲示板」をごらんください!
Wolf Hillの朗読無料ダウンロードについては下記リンクにて紹介しています。

[:URL:] Wolf Hillの朗読を無料ダウンロード―お知らせとお願い!

??酒井よりみなさんへ??
オックスフォード大学出版局のご好意で、電気通信大学酒井研究室ウェブサイト上で Wolf Hillの朗読を無料でダウンロードできることになりました。全36冊すべての音声を2008年6月末まで利用できます。どうぞダウンロードしてお楽しみください。

それではメールを紹介します。

[:メールピンク:] ひまわりさんより

先生、すごーい!
うれしい!ありがとー!
Wolf Hillの朗読の無料ダウンロード、うれしいです。ありがとう!
さっそくいくつか聞いてみています。すっごくいい音ですね!
感謝して、これから、いっぱいたのしませていただきます!ありがとう!
「お願い」のほうも、もちろん了解です。
こういうこと実現してくれた先生とオクスフォード出版局さんに、心から感謝。
本当に、ありがとうございます!!!

[:メールピンク:] 抹茶アイスさんより

Wolf Hill の無料ダウンロード、ありがとうございます。
画期的な試みですね。まさか音源が手に入るとは思って
いなかったので、とてもうれしいです。

私は、ORTが気に入ったので、同じ作者、イラストレーター
であるこのシリーズを約3年半前に購入しています。
(レベル1?5全30冊)
一度すべて読んでいますので、現在、音源のみをながら仕事で
楽しんでいるところです。

今年7月から、長男が多読を開始しました(現在約12万語)
ORT, FRLを読破し、今、Wolf Hillシリーズを読んでいる
ところです。

ORTによって、日本語に訳さず英語を読むことに、抵抗が
なくなってきたようです。
FRLでは、登場人物が自分と同年齢なので親近感があり読み
やすかったようです。その後も、冒険物がいいということでした
ので、このシリーズをすすめました。

登場人物の名前が読みにくいらしく、「これ、なんて読むの
かなぁ?」と気にしておりました。ですので、今回の音源は
非常にタイミングがよかったです。レベルが上がってくると
語数も増えるので、本人が楽しめるようであれば、聞き読み
するようにすすめてみようと思います。

音源について感想
会話部分は、2名の朗読というのがいいですね。ちょっと
したドラマ版のような感じで楽しいです。速さもちょうど
いい感じですし、シャドーイング素材としてもいいと
思います。
邪魔で困るというほどでもありませんが、ページめくり音
は、必要ないのでは?と思います。

同じStuart Atkin氏の朗読で、Mr.Men Libraryシリーズを
持っており、思わず比較してしまいました。
こちらも会話部分は2名の朗読で、同程度の速さ、ページ
めくり音も入っています。
その他に、効果音や音楽なども挿入されていて、より
リズミカルで楽しいものになっています。
(現在、amazonで、分冊、合本、CD等を入手できますが
私の持っている、NHK出版のCD付は絶版です)

[:メールピンク:] Kiccoさんより

酒井先生!
Wolf Hill すべて無料ダウンロードできるなんて すばらしいですね!
今後 Oxfordからの協力でほしかったRobins、Sparrows もできるなんて
夢のようです!これらのシリーズは IさんがCD化しようとされていたので、
いつ出るかと期待していたのですが、退職されて、でもこのような ベターな形で
世にでるのなら、待った甲斐がありました。

本当に、先生の説明にもあったように、音源は大事ですから。
最初に多読に会ったときに 感じた 白黒の多読から いまや
カラーへと 変貌しているのを リアルタイムで見ていけて、多読に端っこでも
関わることができて良かったと感じています。

Wolf Hillは 私のところでは、中3生、高校生の間で評判がとても良いです。
音がつくと、更に下の子たちも読む事ができます。大感謝です。


みなさん、ありがとうございました!
そしてこれからも、みなさんの感想待ってます!